cover.jpg

顧問弁護士

顧問弁護士について

「取引先との契約書に不備がないかチェックしてほしい」
「取引先が売掛金を支払ってくれない」
「社内のコンンプライアンス体制を整えたい」

企業活動を行っていれば、常に法律に関する問題に直面します。
当事務所は、顧問契約を締結していただくことで、企業の皆様に日々発生する疑問や問題に迅速かつ適切に対応致します。

顧問契約をご締結頂くメリット

1.いつでも気軽に相談できる。

法的問題が発生したときに適任な弁護士を探すには、手間と時間がかかります。その結果、時機を逸してしまい、問題が深刻化することにもなりかねません。

顧問契約を締結していただくことで、日々発生する疑問や問題について、いつでも気軽にご相談いただき、疑問や不安をすぐに解消することができます。

2.業種や業界について理解が得られる。

全ての弁護士が全ての業界に精通しているわけではありません。
継続的に同じ弁護士に相談することにより、弁護士が次第に業界事情に詳しくなりますので、ご相談いただく際に背景事情や業界特有の慣行等について、一から説明する必要がなくなります。

また、業界特有の問題や新規事業を開始するときなどに生じうる法的リスクに関するアドバイスは、業種や業界の内情に精通している弁護士でないと難しいといえます。

3.迅速な対応を期待できる。

当事務所では、顧問契約を締結して頂いているお客様の相談等を、可能な限り優先的に取り扱っています。したがって、緊急な問題が発生した場合でも、初期段階において迅速かつ適切な対応が可能となります。

4.弁護士との信頼関係を構築できる。

継続的に相談や委任を繰り返すことにより、弁護士と顧問先のお客様の間でお互いの考え方や個性を理解が進み、信頼関係を構築することが可能となります。
信頼関係の構築は、よりレベルの高い仕事を行う上での不可欠の前提となります。

5.コストの削減

顧問弁護士に日常的に相談することにより、法的トラブルを未然に防ぐことができ、結果としてコストを抑えることができます。
また、仮に訴訟などに進んでしまった場合でも、顧問契約を締結していただいている場合には、弁護士費用を通常よりも割り引いた金額で依頼することができます。

6.社会的信用の向上

顧問契約を締結していただくことで、弁護士がコンプライアンス体制や労務管理体制の構築に日常的かつ長期的に関与しますので、顧問弁護士のいない企業に比べてコンプライアンス体制が相対的に充実していると社会的評価されます。

顧問契約の内容

顧問契約を締結した場合には、下記の法律事務を顧問料の範囲内とさせていただきます。

  1. 会社の業務に関する法律相談や、社員の方からの法律相談を電話、メール、面談等の方法でお受け致します。

  2. 契約書のチェックやアドバイス

  3. 簡単な内容証明の作成

顧問料について

月額3万円~(別途消費税)
月々にご依頼される相談の回数及び時間等は、企業の皆様の規模、業種等により様々であると思います。
当事務所では、月額3万円から企業の皆様のニーズに合わせて顧問契約を締結させていただきます。
また、顧問契約の範囲外の訴訟事件等を受任する場合には、顧問契約を締結していただいているお客様には、通常の弁護士報酬から10%から20%割り引いた金額で受任致します。