cover.jpg

不動産問題

不動産をめぐっては、賃料滞納トラブル、立退きに関するトラブル、不動産の売買に関するトラブルなど様々な問題が発生します。 当事務所では不動産にまつわる問題をサポートします。

1 賃料滞納対策

賃料の滞納問題は、不動産のオーナー様にとって非常に頭の痛い問題です。
賃料滞納が長期化すると、滞納額も高額になりますし、借主が所在不明になったりして回収率が低下します。明渡しまで相当コストがかかる可能性があります。
解決までの時間が長くなればなるほど損害が拡大することになるので、賃料の滞納問題は迅速な対応が何よりも肝要です。

2 立退き対策

立退きに関するトラブルでよく問題になるのが、建物の老朽化等に伴う立退きの問題です。
契約更新が認められる普通借家契約の場合、貸主が更新拒絶や解約の申し入れをするには「正当の事由」がなければ更新拒絶や解約が認められません。
そのため、建物が老朽化しているからといって、直ちに借主に立ち退いてもらうことはできないのです。
また、立退きに関するトラブルでは、いわゆる立退き料の金額をめぐって貸主と借主が対立することがままあります。
立退き料は、定型的な計算式で金額が決められるわけではなく、貸主側と借主側の双方の事情や建物の状況など、様々な事情を総合的に考慮して判断されますので、立退き料の金額の妥当性の判断には高い専門性が求められます。
当事務所では、貸主または借主との交渉や訴訟など、立退き問題の解決に至るまで、きめ細かくサポートいたします。

3 不動産売買に関するトラブル対策

不動産は高額かつ代替性のないものですので、いったんトラブルが生じると深刻な対立状態に陥ることがあります。特に、不動産の売買取引は、取引額が高額になるので、紛争が激化しやすい取引分野です。
また、不動産売買トラブルを未然に防止するためには、売買契約書に落とし穴がないか、契約書の内容をきちんとチェックする必要があります。当事務所では、不動産売買契約書の助言・チェックに関するサポートも致します。