cover.jpg

事業再生

  • 売り上げが急激に減少している。

  • 毎月の資金繰りが難しい。

  • 倒産だけはなんとか回避したい。  

このようなお悩みは、当事務所にご相談ください。

このような場合には、まず事業再生が可能かどうかを判断することが非常に重要になります。そのまま事業を継続しても、再生ができなければ、最終的に倒産するしかないからです。まずは、第三者である弁護士に事業再生が可能であるかどうか、客観的に判断してもらうことをお勧めします。当事務所の代表弁護士は、国から経営革新等支援機関の認定を受けており、的確な判断が可能です。

 

事業を再生するためのスキームは、民事再生、会社更生、事業再生ADR、私的整理など様々です。場合によっては、自己破産したうえで、再出発することも可能です。

 

事務所では、長年の経験とノウハウに基づいて、事業を再生するための糸口を探します。